BOMB mania(ボムマニア)

グラフィティーやZINEについてのブログ

【神奈川のグラフィティがヤバイ】神奈川で印象に残ったグラフィティライター4選

※アフィリエイト広告を利用しています。

日本の「グラフィティの聖地」とも言われる神奈川県

今回は神奈川県にグラフィティを見に行って感じたことや印象に残ったライターを4人紹介します。

この記事では以下について書いています。
  • 神奈川のグラフィティシーンの特徴
  • 神奈川で印象に残ったライター

神奈川は数もクオリティも想像以上のものを
見ることができ、かなり興奮しました!

グラフィティ好きは神奈川県に一度は行くべきです!

▼神奈川のグラフィティを動画で見たい人はこちら

youtu.be

グラフィティが見れる場所を紹介した記事一覧↓

>>日本のグラフィティや壁画が見れる場所

>>国内旅行は楽天トラベル

神奈川県のグラフィティシーンの特徴

普段僕が見ている愛知県のグラフィティとは違う雰囲気を感じたので神奈川のグラフィティシーンを見て思ったことを書きます。

<神奈川県のグラフィティの特徴>

  • ピースが多い
  • 人の生活が近い場所にスポットがある
  • 新しい世代のライターが育っている
  • ボムされている範囲が広い

①神奈川県はピースが多い

神奈川のグラフィティーシーンで驚いたのが
ピースの多さです。

橋の下や人気の少ない壁がスポットになっていて
かなりの数のマスターピースを見ることができました。

神奈川県民が羨ましいです。

②神奈川県は人の生活が近い場所にスポットがある

神奈川県のグラフィティは、
他県に比べて、人の生活が近い場所
スポットがあると思いました。

今まで僕が見てきたピースが見れるスポットは、
町から遠く離れた廃墟や高架下などに
あることが多かったです。

神奈川県のスポットは、町に近く通勤や通学、
ちょっと出かければ通りそうな場所にあることが驚きでした。

③神奈川県は新しい世代のライターが育っている

昔からいるライターだけでなく新規のライターが定期的に出てきている印象がありました。

ここでいうライターは神奈川の有名なスポットにピースが書けるライターのことです。

④神奈川県はボムされている範囲が広い

電柱やガードレール、壁、橋などに絶えずグラフィティがあったのが印象的でした。

大通りから離れてきたな」と思っても至る所にタグ、やスローなどのボムを見ることができます。

常にスプレーを持ち、息を吐くようにボムしているようでした。

車での移動中も飽きない神奈川のグラフィティ巡りでした。

神奈川で印象に残ったグラフィティライター 

  • SAWR
  • SNST
  • TECK
  • KANE

他にもかっこいいライターは、いるかもしれませんが、今回僕がいったスポットや通った道では上記4名のライターが印象に残りました。

神奈川で印象に残ったグラフィティライター 「SAWR」

神奈川のグラフィティで「SAWR」さんが一番印象に残りました。

神奈川に行くまでSAWRさんの存在を知らなかったので余計にインパクトがありました。

▼SAWRさんのやばさがわかる動画

youtu.be

SAWRが印象に残ったポイント

  • ピース、スローアップ、タグがかっこいい
  • ボムする場所
  • ボムの大きさ

単純にピース、スローアップ、タグがカッコ良かったです!

目立つところに単独で大きなタグやスローアップがあり存在感が強く印象的でした。

さらに短時間で大きなタグを残せる少し変わったツールなどを使っているのも印象に残りやすい要因だったと思います。

印象に残った神奈川県のグラフィティライター「SNST」

SNST」さんのことも神奈川に行くまでインスタグラムで見かける程度だったので生で見るのは初めてでした。

SNSTの印象に残ったポイント

  • 今まさに上がってきているライター
  • ピースのスタイルが個性的
  • シンプルでかっこいいスローアップ

「SNST」さんは、神奈川県で注目を集め始めているグラフィティライターです。

彼の作品は、Instagramで見るだけでなく、実際に目にするとさらにその魅力が際立ちます。

SNST」さんの最大の特徴は、スプレーの特性を活用したピースです

彼のピースは独特の雰囲気で目立っていました。

色使いに関しても、ダークな印象でアンダーグラウンド感があり、見る者を惹きつけます。

神奈川県の有名なピーススポット近くのトンネル内には、SNSTさんの過去の作品が残されており、そこから彼の成長が感じられます。

シンプルで読みやすいスローアップと複雑なピースとのギャップも印象的でした。

今後の活躍に注目したいライターの1人です。

印象に残った神奈川県のグラフィティライター「TECK」

東京、神奈川と言ったらやはり「TECK」さん

生粋のボマーで大通りに堂々とスローアップを残しているクレイジーさと力強さがめちゃくちゃカッコイイと思いました。

シンプルで大きめのスローアップは夜の街で一際、存在感を放っています。

TECKさんについては別記事で詳しく紹介しています。

>>グラフィティライターTECKについて

sasmagazine.jp

印象に残った神奈川県のグラフィティライター「KANE」

神奈川のスポットに行けば確実にあるのが「KANE」さん

僕が神奈川県で巡ったスポットには「KANE」さんのピースがいくつもありました。

めっちゃ絵がうまい&ボムの数もクオリティもすごかったです。

神奈川のグラフィティ界の重鎮といえる存在です。

>>KANEのプロフィールや実績をまとめた記事

sasmagazine.jp

最後に

神奈川県のグラフィティは本当にレベルが高かったです。

名古屋では下手くそなスローアップでも車を止めて撮ったりしていますが神奈川県はレベルが高く下手なグラフィティを撮っている暇はありませんでした。

横浜付近は街が綺麗でガードレールや電柱もタグすらありません。

しかし少し横浜から離れると神奈川のグラフィティを存分に楽しむことができました。

書き変わったり消されるのも早そうなので定期的に行きたいと思います。