BOMB mania(ボムマニア)

グラフィティーやZINEについてのブログ

【東京グラフィティースポット7選】ミューラルアートやスプレーアート、グラフィティを東京で見るならここ!

※アフィリエイト広告を利用しています。

「グラフィティーが好き!」
「東京都内でグラフィティーが見れる場所はある?」
「大きな壁画を見たい」
「東京のアートスポットを知りたい」など

グラフィティー壁画ウォールアートが好きな方に向けて

東京都内にあるグラフィティスポット5選をご紹介いたします!

>>名古屋のグラフィティーアートスポットの紹介はこちら

>>大阪のアートスポットの紹介はこちら

渋谷 Manhattan Records(マンハッタンレコード)

渋谷にあるレコード店
「マンハッタンレコード渋谷」の道路側の壁一面に
「KAZZROCK」さんと「TABOO1」さんが
書いたグラフィティーが見れます。

※現在はTABOO1さんが書いたものになっています。

YouTubeにお二人が書いてる姿が写っている映像があります。
YouTubeの動画はこちら

youtu.be

▼Googleマップ

goo.gl

裏原宿 デザインフェスタギャラリー原宿

 

 

裏原宿にあるギャラリースペース
「デザインフェスタギャラリー」の中や
周辺に数多くの作品が描かれています。

ストリートアーティスト『アレックス・フェイス』が
描いた 三つ目の赤ん坊が有名です 。

デザインフェスタギャラリー原宿

の公式サイトでも確認できます。

▼Google マップ

goo.gl

原宿ゾンビ

 

 

こちらも原宿で、神宮前2丁目交差点近くの
路地角にあるバー兼イベントスペース 『ボノボ』です。

昼間に見るのも良いですが、暗くなった夜、
バーがオープンしてから見るのもおススメです。

ゾンビ映画と和風モチーフを組み合わせた作品です 。

バーボノボの公式サイトでも確認できます。

bar bonobo

▼Google マップ

goo.gl天王洲アイル  倉庫

 

 

天王洲アイルは日本人アーティスト以外にも
海外からのアーティストも多数参加しており
全部で24点の作品を見ることができる
巨大なアートスポットです!

2015年にストリートアートフェスティバルが行われ
数多くのストリートアート作品が誕生しました!

広大な倉庫がいくつもあり、
日本の浮世絵からインスピレーションを受け
「三味線引き」や日本人ユニット
HITOTZUKI」による『青い花』の壁画があります。

>>HITOTZUKIについて知りたい人はこちら

bijutsutecho.com

▼三味線引きについての詳しい記事

ohju.net

天王洲アートフェスティバルの公式サイトで
24個の作品を見ることができます。

TENNOZ ART FESTIVAL 2022 (天王洲アートフェスティバル2022)

▼Google マップ

goo.gl

ジャンカデリック

 

 

 

こちらはアーティストユニット「HITOTZUKI」のメンバー
「SASU」によるソロプロジェクトで2009年に完成。

テクスメクス料理を提供しているレストラン、
ジャンカデリックのお店の外壁に描かれています。

▼シャンかデリック公式サイト

東京中目黒で楽しむメキシカン!~ジャンカデリック~

▼Google マップ

goo.gl

JR高円寺高架下駐車場

 

駐車場の壁に女性が運転している姿が描かれています。

バックしているようにも見えて駐車場に似合う壁画です。

壁画を描いたアーティスト

苦虫ツヨシ

場所詳細

▼Googleマップ

goo.gl

 

Studio L’agile (YSビル)

6階建てのビルの壁一面を使いイーグルが描かれています!

作者

ホールナイン

場所

▼Googleマップ

goo.gl

最後に

この記事は随時更新予定です!

「もっといろんな場所を知りたい!」という方は
ブックマークに保存するなどしておいてください!

>>名古屋のアートスポットを紹介した記事はこちら

sasmagazine.jp

「この場所を紹介してほしい!」「お前ここ知らねえの?」などありましたら
コメントで優しく教えてもらえると嬉しいです!